入院日額保障は1万円も必要ありません

 看護師

 入院はどれくらいお金がかかるのか?


医療保険の入院日額は自分で選ぶことができます。

金額は、3,000円、5,000円、1万円、あるいは1万円以上などさまざまです。たくさんもらえたほうが病気になった時に安心な気がしますが、このサイトでも何度もお伝えしています通り、保障が多くなれば、その分保険料も増えるという当たり前のことが起こってきます。

病気になって入院しているということは、仕事もできない状態のはずですね。なので、

「収入が途絶え、なおかつ医療費が掛かるのであれば、1万円以上は必要だと思いませんか?」

などと言われたら、そうだよなと思ってしまいがちです。(言われたことありませんか?)

 

しかし、高い保険料を払ってまで高い入院日額を保障する必要が本当にあるのでしょうか?

そんな時は、自分に必要な保障額がいくらなのかを知ることが大切です。

まず初めに認識しておきたいことが、公的な健康保険による保障についてです。

日本では、健康保険制度に全員加入しているので、病気で受信しても、あるいは入院しても、医療費は3割負担で済みます。それだけではなく、入院したり手術をしたりして多額な費用がかかったとしても、「高額医療費制度」があるので、1ヶ月の医療費が8万100円を超えると、負担はその約1%で済みます。

詳しくは、
高額療養費制度を知らないと大きく損をします!を参照してみてください。

たとえ入院して月に100万円の医療費が掛かったとしても、自己負担は8万7430円にしかなりません。

自己負担が8万7430円なら、これに1ヶ月分の入院中の食事代2万3400円を加えても、1ヶ月あたりの合計の自己負担額は11万830円です。

 

高額医療保障制度を上手に活用しよう

精神的な病気以外で入院している人のほとんどは、入院日数が1ヶ月以内です。仮に1日5,000円の差額でベッド代が掛かる部屋に入ったとしても、30万円以内の出費で済むわけですね。

ということは、貯金でなんとかなるという人は多いのではないでしょうか?医療保険に入るにしても入らないにしても、どんなに多くて入院日額は最高でも1日1万円もあれば十分だということになりますね。

とりあえず、あまり経験したことがない「入院」という事態が仮に発生した場合に、どうしたら良いのか、お金はどれくらいかかるのか、など、恐らくわからないことが多いでしょう。

そんな時に多くの人は「とりあえず入院保障がついていたら安心だな」という気持ちで医療保険に入ってしまいがちですが、ここで説明したことを踏まえた上で、自分が入院したらいくら必要なのか?またそれは何ヶ月先まで大丈夫なのか?を知っておくことで、入院日額を上げて保険料を上げるということをしなくても良くなるわけです。

入院保障がいらないということをここではお伝えしたいのではなく、少しの安心感を買うために数千円の入院日額がついている医療保険に入っておけば十分だということですね。

勧誘のない生命保険会社ランキング

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ