日帰り入院保証と通院保証はお得に見えるが、ホントのとこはどうなのか?

 surprise

 日帰り入院におけるウソのようなホントの話


ちょっと待った!その「日帰り入院保障」、本当に必要ですか?からの続きになります。前回の記事を読まれていないかたは一読してからこちらの記事をお読みくださいね。

では、日帰り入院保障について、今度は別の角度から「日帰り入院保障が得なのか損なのか」を例を挙げてみてみます。

田中さんが入っている医療保険は、入院1日5,000円が給付されます。田中さんはケガをして1日入院、この保障である5,000円をもらえることになりました。

5,000円でも貰えれば嬉しいと保険会社に申請しようとしたところ、意外な事実に気づくことになります。

 

●保障を給付してもらうためには、入院していたという病院の診断が必要

     icon01-arrow-3

●診断書の発行には、一定の費用が掛かることが判明

     icon01-arrow-3

●その費用が4,200円も必要に

     icon01-arrow-3

●5,000円の給付金に対して交通費を払って診断書をもらいに

     icon01-arrow-3

●残った金額は・・・

 

ウソみたいな話ですが、実は同じようなことが通院するごとに一定額が支給される通院特約でも多数起きています。

多くの人が、入院後の通院に備えて、医療保険に通院特約をつけていると思います、以前、生命保険の不払いという問題になりました。この時に多かったのが、通院特約の不払いでした。

中身を見ると、保険会社の怠慢というケースも有りましたが、通院回数が少ないので申請しなかったという人もいました。通院で1回3,000円もらっても、診断書で5,000円かかるなら1回から2回の通院では、申請する意味がないということでした。

 

いろいろ保証を付ける前に保証を確認しましょう

このように、日帰り入院も通院特約も、わざわざその分高い保険料を払って確保する必要性はどこにも見えて来ません。

何度もお伝えしていますが、保険会社の甘い言葉についつられて契約をしている人が本当に多い。中には分かっていない営業マンもいますが、残念ながら、それなりに経験を積んできた営業マンは、実はこんなことも分かった上で販売してしまっている方も少なからずいるというのが現実です。

そのためにも、安易に保険に加入するのではなく、まず営業マンの言っていることをしっかりと認識し、本当にそれが自分にとって必要な物なのかどうか、しっかりと見極める事が大切です。

サイトでは、入らなくてもよい保険、入る前に十分な検討が必要な保険、ケーススタディなどそれぞれにおいて説明をしていますので、加入前にしっかりと読んでいただくことで損をする保険の入り方も避けられると思います。

 サイトトップ

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ