結婚、出産時の生命保険は必要か?

image07

 

結婚した時に生命保険は必要か?


以前の記事で新入社員として社会人になった場合に生命保険は必要かどうかという内容を書きました。
新入社員に生命保険は必要か?抑えておきたいたった一つのこと

 

 では、結婚したばかりという場合はどうでしょうか?

男性は、妻が専業主婦なら、死亡保障は必要だと考えるかも知れません。しかし専業主婦であれば、夫に万が一のことが起きた場合、実家に帰るという手段もありますし、自分がフルタイムで働くこともできるかも知れません。再婚することもできるでしょう。

妻の当座の生活資金程度、あるいは夫の葬式代程度をまかなうために数百万円の死亡保障はあっても良いでしょう。それは加入しておくべき保険と言えます。

ただし、勤務先からの弔慰金や死亡退職金なども出る場合が多いですので、ある程度の金額は受け取れることを事前に覚えておいてください。

つまり、夫と妻の2人だけであれば、それほど大型の死亡保障は必要ないということです。結婚後の人生設計の中で、夫婦2人の時は唯一の貯めるチャンスなのです。

少しでも貯蓄することが大切な時期だけに、高い保険料を払っている場合ではありません。

 

出産した時には生命保険は必要か?

ただ、子どもが生まれると、事情は変わってきます。
一般的に、人生の中で夫の死亡保障にかける金額がピークとなるのは、最後の子どもが生まれた時だと言われています。

夫に万が一のことがあった場合、妻がフルタイムで働いたとしても、将来の子どもの養育費・教育費に備えるために保険が必要となるのです。出産時、または妊娠した場合には生命保険には加入しておいたほうが良いでしょう。

逆に言えば、少なくとも子どもが生まれるまでは、大型の死亡保障は必要ないということですので、新入社員の記事でも説明したとおり、周りや営業マンにいろいろ言われたからという理由で生命保険に加入するということだけは避けたいものです。

 

まさに子どもが出来て保険の事を考えなければという方は、一度インターネットで無料相談の依頼をしてみることをオススメします。

全国対応可能で、生命保険について知り尽くしたFP(ファイナンシャルプランナー)が、一社の保険だけではなく、その方の資金量、家族構成、年齢、考え方や目指すべきところ、希望や問題点をしっかりと分析して、適切かつ安い保険を案内してくれます。

また、最近ではしつこい勧誘や電話などに対する対策と防止をしっかりと打ち立てている保険代理店がとても増えてきました。

もし面談になった場合でも、来店またはご自身の希望の場所を伝えることができますので、まずはWebから無料相談の予約をしてみると良いでしょう。

 ネットから無料相談できる生命保険会社ランキング

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ