新入社員に生命保険は必要か?抑えておきたい注意点

image08

 

会社公認の毎年恒例行事、「保険の勧誘」


会社に入ると必ずと言っていいほど行われる行事、それが生命保険の勧誘です。

どこかの生命保険会社のセールスレディが新入社員が入った時期の昼休みに会社に来ます。そしておもむろに飴玉を渡して、「ちょっといいですか〜?」と笑顔で迫ってきます。

あなたにもそんな経験はありませんか?

もしかしたら、「社会人であれば保険に入るのは当たり前なのかな」とか、「結婚したら当然保険には入るもの、または入らなければいけない」と思っていませんか?

特に気の弱い新入社員の方だと、保険のおばさんと目を合わせたが最後、「蛇に睨まれた蛙」のように、否応なしに申込用紙にハンコを押さなければならない状況に追い込まれてしまうケースがあったりもします。

 

生命保険に入る目的はなんなのか?

でも、本当にそんな若いうちから、保険に入る必要があるのでしょうか?
ここでひとつ例を見てみましょう。

 

保険が必要ないことに気づいたYさんの場合

新入社員のYさんは会社に来ている保険のおばさんに、「社会人なんだから、もしものために1000万円くらいの保険がないと不安ですよ」と言われて、素直に1000万円の死亡保障がついた保険に入りました。

あるときふと「もしもの時って、どんな時だろう」と思い、保険の契約書を見てみました。

そこで初めて、「もしもの時」に保険金が出ても、自分では使えないことを認識しました。なぜなら、「もしもの時」というのは、「自分が死んだ時」もしくは「死んだも同然の状況になった時」だったからです。

 

なんとも当たり前の話ですが、実際にはよくある話なのです。

死亡を保証する保険に入るのは、自分に万が一のことがあった時に、遺された家族が生活に困ることを防ぐためです。ココ大切なのでもう一度いいますが、「保険は残された家族のために入るもの」なのです。

独身であれば、年老いた親がいて収入も少ないとか、年の離れた姉弟がいて、将来親の代わりに面倒を見なくてはならないのに、貯金が少ない、などという場合には保険も必要でしょう。

けれども、親がまだ現役でバリバリ働いているという状況であれば、自分の少ない給料を削って親にお金を残す必要は極めて少ないと言わざるを得ません。

ましてや、自分の若い子どもに生命保険がかかっていて自分は安心だ、などと思う親も極めて少ないでしょう。

 

大切なのは、「なんの目的で生命保険に入るのか」が明確になっているかどうかなのです。決してセールスマンや保険のおばさんの言葉に惑わされてはいけません。

先に上げた親の状況以外で結論を言えば、
「新入社員には生命保険は必要ない」と言っても良いでしょう。

 

 では、結婚や出産をした場合にはどう考えたほうが良いでしょうか?
続いてこちらをご覧ください。
⇒結婚、出産時の生命保険は必要か?

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ