実は保険加入者の9割以上がムダな保険料を支払っています

保険の見直しをするだけで平均昇給20年分のアップ

まずは無料相談で保険の見直しを

無料相談でおすすめはココ

 

はじめに


このサイトは、日本人のほとんどの方が加入している「保険」について、どのサイトよりも詳しく解説しています。

インターネットに転がっているありふれた情報ではなく、一つひとつの保険に対して鋭く切り込み、具体的な根拠を交えた上で、ダメは保険はバッサリと切り捨てた上で、選び方を解説しています。

保険の加入率は死亡保障付きで90.6%、共済などを含めると100%超え。
決して安くはない保険料を毎月支払って、多くの方が「なんとなく」入っている保険。

今あなたが入っている生命保険や医療保険は、自身にとって本当に適切なのかどうかなんとなく考えたことはあるけど、「詳しく分からないから・・・」という理由で放置してしまっていませんか。

保険は選び方を間違えると、生涯に渡り相当な損失を出していくことになります。保険の契約内容をよく分からないまま加入しているので、実に90%以上の方が本来必要のない保険料を支払っています。

 

 サラリーマンの平均昇給額分を1回の保険見直しであっという間に抑えられる

サラリーマンの平均昇給額、実は現在マイナスになっているので昇給すらしていないのが現状なのですが、仮に2007年の昇給額で見ると、おおよそ平均昇給額は年間約5,000円。

サラリーマンの平均年収参考サイト
会社の昇給額平均はだいたいどれくらいですか?
(引用:Yahoo知恵袋)

サラリーマン平均年収の推移
(引用:年収ラボ)

下記図「保険を見直すと、保険料がこんなに安くなる!」の事例で言えば、保険の見直しをしただけで、月々約8,200円の保険料支払いが減っています。年間では98,400円。

保険料72%OFF事例の図解

実にサラリーマンの平均昇給額の20年近くのお金をカット出来たことになります。

こんなに簡単に節約できるのに家計のメスが入らないのは、「保険料は毎月支払うもの」と思ってしまっているため、ただそれだけの理由と言えます。

 

既加入の保険料を半分以下に。80%カットすることも可能です

もし今、下記の条件に当てはまる方は、一度ご自身の保険を見直してみることをオススメします。

  • 自分が入っている保険が適正なものかどうか不安に思っている
  • 複数の保険に入っていて、今となっては本当に必要なのかどうか分からない
  • 加入後から時間が経過したため、必要ない保険に入っている可能性がある
  • 結婚や出産など家族が増えたので保険を再度考えなおす必要がある
  • 退職することになったので老後の保証が不安

失敗している理由が、「1社のみで勧められた保険に加入している」という点。

普段の買い物では様々な商品を比較して検討するにもかかわらず、保険だけは「よく分からないから」という理由で、営業マンに勧められた特定の生命保険だけに加入してしまう、こんなケースが非常に多く見受けられます。

対策としては、『複数の保険会社を扱う「乗り合い代理店」に無料で保険を見直ししてもらうこと』。

これだけで、保険料を50%カット出来たり、中には全然必要なかった保険が分かるケースも普通に出てくるほど、今加入している保険が不適正になっている場合がほとんどです。

保険料が大幅に下がる事例

保険料が下がった事例図解

 上記のような事例は、実は9割以上の方に当てはまると言っても過言ではないため、まずはインターネットから申込みが出来る保険無料相談を活用して見直せるかどうかを確認することがオススメです。

家計で節約や出費を抑えることを日々考えるよりも、保険の見直しをするだけで、大幅にやりくりが変わってくる可能性がとても高いのでぜひ一度トライしてみましょう。

 

ネットから無料相談できる生命保険会社ランキング

1位保険マンモス

保険マンモス公式サイトネットからの申込みで既に15万件超の実績がある「保険マンモス」では平均22社の保険会社商品を扱っているので、特にこれまで1社の生命保険で加入していた方にとっては多くの保険商品から比較、検討できる機会を得ることが可能です。

どこか特定の生命保険だけで加入している場合は、その会社の商品の中からのみの提案になるので、どうしても自分にあった適正な保険になりにくくなります。保険を安くするための一番重要なコツは「数ある保険会社の中から比較する」こと。

全国どこでも、自宅や近所のカフェまで指定して保険相談員を呼ぶことができるので、自分にあった日時調整が出来るところも使い勝手が良い点と言えます。

ネットで無料相談できるサービスとしては、先駆けの会社でもあり、ユーザーアンケート結果の小さな点でも事細かに全てのFP(ファイナンシャルプランナー)にフィードバックすることで常に業務改善を図り、満足度向上に努めているといった、顧客目線を第一優先に考えた対応をすることで人気も一番高くオススメのサイトです。

>>保険マンモスに無料相談する

2位保険のビュッフェ


生命保険の加入の成功は、極論を言えば「営業マンの質による」
と言い切ってしまっても過言ではありません。

なぜなら、”複数の生命保険の中から選ぶ”という条件を満たしている場合、どこの代理店から加入しても結局は同じ保険になるからです。

「保険のビュッフェ」では、無料相談に出向くFP(ファイナンシャルプランナー)の質にこだわり抜き、平均実績7.4年、相談実績平均1,000件以上の営業担当者にすることで、その生命保険の実力を最大限に引き出し、その人にあった最適の金額や年数を考慮した入り方のアドバイスを徹底して行うことことで定評のある専門集団です。

無理な勧誘をしないのはもちろんのこと、無料相談時には担当者が自宅付近まで出向いてくれるので、こちらのペースで負担なく相談をすることが可能。毎月1000世帯の人たちが無料相談を利用する人気サイトです。

>>保険のビュッフェに無料相談する

2位保険アドバイザーズ

保険アドバイザーズ公式サイト保険相談で心配な点として、「しつこい勧誘」をされるという点です。

「保険アドバイザーズ」では、営業担当者が仮に無理な勧誘をしてきたと感じた場合に通報できる「Stop Call」という苦情専用の連絡窓口(電話とメール)を設けているので、まずは相談したいだけ、という方にも安心できる制度があります。

この制度のお陰で、顧客満足度は94.3%と非常に高いアンケート結果を出している点が大きな特徴と言えます。

もちろん多くの保険会社から比較、検討できつつ、相談料は一切無料なので、安心できる条件が揃っている保険無料相談窓口と言えますね。

>>保険アドバイザーズに無料相談する

4位みんなの生命保険アドバイザー

 みんなの保険アドバイザー公式サイト既に10年以上ネット生保の受付を行い実績が確かな「みんなの生命保険アドバイザー」では、多くの保険会社から比較検討できることはもちろん、しつこい勧誘はしない、また勧誘があった場合には通報連絡専用窓口を設けて安心感を高めています。

保険料を3割カットは普通に事例としてあり、7割、8割と保険料を下げることに成功した実績も多数出ています。

現在キャンペーンを行っており、無料相談に申し込むだけで現金5,000円がもれなくプレゼントされる期間中となっているので、ちょっとお得に保険の無料相談ができたりします。生命保険加入を検討中の方は良い機会ですね。

>>みんなの生命保険アドバイザーに無料相談する

 4位保険Cafe(女性専用)

保険Cafe公式サイト 複数の保険会社で比較検討できて、自宅や近くのカフェに無料出張サービスを提供している「保険Cafe」は、保険料は現状のままで、保証を大幅に上げるための方法について、それぞれの人にあったオーダーメイドな保険を適切に紹介することで定評があります。

特に国内生命保険に入っている方で多いのが、年々保険料が上がっていくケース。これを適正な保険に変えることで、保険料を生涯上げることなく、保証だけを上げることは実は簡単に出来るのに、ただ「知らない」という理由でムダな保険料を支払い続けている現状が非常に多く見受けられます。

女性専用の保険窓口なので、女性特有の病気や障害に対して不安を持つ方にとってはとても相談しやすい窓口と言えます。対応エリアが「東京・埼玉・群馬・神奈川・千葉」の関東圏のみですのでその点注意しましょう。

>>保険Cafeに無料相談する

 

保険加入前でも既に入っている場合でもチェックしておくべき事項

もしあなたが入っている保険が下記に当てはまるようなら、大きく損をしている場合が考えられますので、ご自身が該当するケースの参考ページをお読みになられてみて下さい。

また、保険にこれから入ろうと検討されている場合にも参考になると思います。

 

必要ない保険の例 


養老保険
運用利回りが低いので、貯蓄にならない。

個人年金保険、変額年金保険
運用利回りが低すぎて老後までに増えない。
また手数料が高く、不確定要素が高いので老後の安心にならない。

こども保険
貯蓄としては運用利回りが低いので、お父さんが十分な保険に入っていれば必要ない。

お祝い金(ボーナス)がもらえる保険
お祝い金をもらう分、保険料も高くなり、保険の運用利回りが低い今は有利とはいえない。

月々◯千円で葬式代も出ます
高齢者が一番心配な病気入院をカバーする医療保険ではなく、傷害保険なのでいらない。

住宅ローンの三大疾病保険
保険料が高く、団体信用保険と二重でもらえない保険。

 

加入を慎重に考えたほうが良い保険の例


終身型医療保険
ある年齢までに入院しないと、もらえる給付金よりも払う保険料の方が多くなってしまう。

女性向け保険
女性特有の病気の保障が厚く付いているが、その分保険料が高いのでほんとうに必要が疑問。

ガン保険
40歳前後は発症例が少なく、また全てのガンに対して100%給付されるとは限らない。

三大疾病保険
保険料が高い割に支給される条件が厳しくて、保険会社がもらえないケースがある。

 

 タイプ別ケーススタディ


独身者の生命保険
独身の方が入る生命保険についてどのように考えたら良いか?

新婚夫婦の生命保険
結婚したばかりのご夫婦が生命保険の加入をどう考えたら良いか?

出産予定がある夫婦の生命保険
子供がまもなく産まれる、または産まれたばかりの夫婦は生命保険をどう考えたら良いか?

子供2人がいる専業主婦の生命保険
既に子供がいて、更にまだ子どもたちが小さい場合の専業主婦はどう考えたら良いか?

子供が独立したあとの夫婦の保険
子供たち社会に出たあとの夫婦の保障はどのように捉えておくべきか?

 無料相談前にはある程度の保険知識を入れておく

もし上記の保険に関して「もっと詳しく知りたい!」と思った場合は、このサイトを隅々までご覧になることをおすすめします。もし保険に入りたい時や、または保険の営業マンに対応することになった場合は、このサイトを営業担当の方に見せて、「ここはどうなんですか」と鋭く質問できる材料になるでしょう。

当サイトは決して保険を批判しているのではなく、むしろ加入すべき大切なものと捉えています。加入する際にはしっかりとした情報と知識を土台として、いかに自分にあった優良な保険に加入できるか、当たり前ですがこれが保険加入にあたってのひとつの着地点です。

最終的には保険屋さんやFPの方に無料相談をするのがベストですが、その際には、あなたがしっかりとした自分の意見を持ち合わせた上で最適な保険に加入するための判断が出来るようになることを一番の目的として、当サイトを作っています。

保険に加入する前に、端から端までこのサイトを読み込んでいただければ、必ずあなたの役に立てる内容になっています。上手に活用してみてください。

このページの先頭へ